二輪免許とりました。

もうすぐ30歳だというのにバイクに乗りたい衝動に駆られて免許とりました。
バイク・・・慣れないと恐ろしい乗り物です。
教習所での恥ずかしい出来事、思い出したくないですが書きます…
 
分かる方だけでいいですが…
(前置き:バイクのアクセルは絶妙なコントロールがいるんです。
原付スクーターみたくぶん回しは怖い。一速でのエンジンブレーキは鬼の利き方です)
発進練習や外周周りにも慣れたころ、二速より上の加速になれたころに、
一速から加速しようとしたときの出来事。
 
 一速でクラッチつないで
→アクセルまわして(急加速でのけぞる)
→慌ててアクセル戻す(エンジンブレーキが利き、急減速で前のめる)
→急減速にビビってアクセル回す・・・急加速→
この永遠ループ…外から見るとすごく恥ずかしい光景ですよね^^;
さっさと二速にあげればいいんですが、その時は余裕がなかったんですよ。
 
(一応言わせていただきますが今はもう慣れましたよ。免許も取れてるしね!)

これから免許を取ろうと考えていらっしゃる方へのアドバイスをするならば、
スタンドを立ててのアクセルワークの練習のときにアクセルの遊び部分
利き始める位置をしっかり覚えておくことが大切です!
アクセルが利き始める位置から数ミリ感覚でのアクセルワークです
昨年7月の第1回大会に引き続き、第2回 チャレンジカップを開催すること
となりました。6月2日の日曜日、今年も開催場所は岐阜県恵那市にあります
笹平カントリークラブの予定です。
 
第1回大会は、総勢60名(18組)の社員の皆さんに参加をしていただき、
プレーは勿論のこと、ラウンド後の表彰式も多数の賞品を準備していたため
大変盛り上がりました。
また、第1回大会では1位?3位を樹脂事業部で独占されましたので、
今年は是非とも自動車部材事業部、建材事業部の皆さんに頑張っていただきたいと思います。
  DSCF3302.JPG
現在、各事業部に大会案内を配布、掲示をさせていただいておりますので、
腕に自信がある社員は優勝を目指してもらい、全く初心者という社員も大歓迎ですので
多くの社員の方々に参加していただき盛り上げたいと思います。
DSCF3303.JPG
 
案内は ↓ こちらです
第2回 チャレンジカップ.pdf

余談
建材事業部の方々は密かに優勝を目指して頑張ってます。
ちなみにオレンジのボールは、ワンオンした私のモノです...

今後の成長に乞うご期待

先日、新体操クラブの発表会が行われました。
4つの幼稚園に所属する4クラブ12クラスの幼児と小学生が
10月から練習してきた演技を披露してくれました。
HIR01.JPG
我が娘は小学1.2年生クラスとして4度目の参加です。
今年の演技はリズムダンスがEXILEのRising Sun。
難しいロープはドリカムの晴れたらいいねの曲でした。
娘もお友達もロープを落としまくりだったのもいつかはいい想い出。
4才から初めて早4年。成果といえばきっと他の人から見たら
まだまだ拙いひどいものでしょう。でも親の目には娘の演技は
頑張った練習の証がピカピカ光り輝いてみえます(笑)
娘もようやく、上手くなりたいと自分で思い始めたようなので、
今後の成長に乞うご期待です!
HIR02.JPG
そしてもうひとり、息子。
嫁と娘に可愛がられすぎて、男と呼ぶにはあまりにも可愛らしすぎる
息子もこの春ついに小学生です。大丈夫か(汗
あ。年が過ぎるのが早い……。

説明会参加は必須?

リクナビブログの担当二回目は、「説明会の参加」に対する考え方です。
ちなみに、当社の説明会も行なっていますので、ぜひぜひご参加下さい。

詳しくは、こちら

本題に入りまして、「説明会の参加」は必須かどうかです。
当社では、「原則、参加必須」にしております。

履歴書やエントリーシート(ES)には、必ずといっていいほど
「志望動機」を記入する欄があります。

その項目を、HPやCMなどで書くこともできるかもしれませんが
その志望動機って、何か足りないと思いませんか?
ディスプレイ越しで見る映像で、どこまでわかるでしょうか?


会社に行くと感じる雰囲気や、社員の働く姿。
正直、HPとかでわかるのは、ほんの僅かです。
どの企業も、HP上ではいいことしか書きません(笑)

書かれていることが正しいか否かを見定める・・・
それが、説明会ではないでしょうか?


当社の選考フローですが
 ・会社説明会 (この際、エントリーシートを配布します)
 ・筆記試験  (説明会時に配布しました、エントリーシートを回収します)
 ・集団討議
 ・個人面接
となっております。


就職活動の中、色んな企業さんの説明会に「遊び」に行ってみてください。
「雰囲気」を感じて、受験する/しないの判断をしてください。

読んで下さったあなたに、お会いできるのを楽しみにしています。

先日、初めて青春18切符の旅をしました。
 
ご存知かもしれませんが、青春18切符のことを簡単に説明しますと、
日本全国のJRの普通列車に乗り放題の切符です。
 
初心者が遠距離を、この切符で行くのは大変と言われています。
ちょいとそこまで・・・のノリで、鳥取に行きました。
砂丘は先日、見てきましたので、他の目的です。
 
乗り継ぎの回数が非常に多い・・・路線図を見てもよくわかりませんが
この旅をナビゲートしてくれたのは、とあるHP。
青春18切符モードでルート検索をしてくれるので
何と言っても、追加料金無し。
そして、乗り継ぎ放題のプランです。
 
 
朝、名古屋を出て、彦根で下車。
 
 hikone.jpg
 
彦根で乗車して、京都で下車。
 
京都から・・・鳥取駅までが、長いんです。
 
読書をしたり、パソコンで作業をしたり、読書をしたり・・・
景色を楽しもうとしたら、すでにそこは真っ暗。
そんなこんなで、目的地に無事にたどり着きました。
 
 
 
翌々日には、米子?倉敷?名古屋に帰る。

yonago.jpg
 
 
某漫画の銅像を見たり、宿泊先で知った本屋に足を運んだり・・・

kurashiki.jpg

車窓からの景色が、かなり綺麗でした。
 
syasou.jpg
 
米原での席の争奪戦を経て、無事に帰宅。
翌日の出勤日では、電車に乗りすぎたせいか、非常に身体が固まっていました・・・。
 
 
 
 
 
出発地から目的地に行く手段はたくさんある中で
「点と点」の旅行ではなく、「線」を味わう旅行は楽しいものです。
 
普段と同じ目的地に行く時に、たまには手段を変えてみるのもおすすめです。
時間が許す限り、旅の道中もお楽しみ下さい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20